xperia x

多忙なときなどは電話にでられないときもあるだろう。そんなときは「着信オプション」から、メッセージを送信したり、伝言メモで相手のメッセージを録音したりすることが可能だ。






 

さらに、キャリアごとに提供される留守番電話や着信拒否サービスなどを利用すれば、着信相手に応じて臨機応変に対応できる。

 

通話する代わりにSMSや伝言メモを活用する

1・「着信オプション」を開く

電話が着信して通話することができない状況の場合は、画面内の「着信オプション」をタップしよう。

 

2・メニューから送信内容を選択

メニューが表示されるので、新規メッセージを作成するか、あらかじめ用意された定型文をタップしよう。

 

3・相手にメッセージが送信される

画面下部に電話の発信元にメッセージを送信したいという確認が表示される。

 

4・伝言メモを設定する

伝言メモを利用したい場合は、事前に「ダイヤル」アプリの画面上の右上のメニューアイコンをタップし、「伝言メモ設定」をタップ。

 

5・伝言メモ機能をオンにする

表示された画面で「伝言メモ」をオンにする。使用する応答メッセージを変更する場合は、「応答メッセージ」をタップする。

 

6・応答メッセージをカスタマイズ

オリジナルを作成したい場合は、「応答メッセージの新規作成」から行う。提携伝言は日本語もしくは英語から選択可能。あとは、着信時の着信オプションで「伝言メモを起動」をタップすれば利用できる。






 

留守番電話サービスを設定する

xperia x

1・通話設定を表示する

「ダイヤル」アプリ画面の右上のメニューアイコンをタップし、「通話設定」をタップする。

 

2・「ネットワークサービス」を開く

設定項目の中にある「ネットワークサービス」をタップする。

 

3・留守番電話の設定を行う

一番上にある「留守番電話サービス」をタップしてサービスを開始しよう。キャリアによって留守番電話は有料オプションなので、事前にサービスへの加入が必要だ。

 

着信拒否を設定する

1・着信拒否設定を開く

「ダイヤル」アプリ画面の右上のメニューアイコンをタップし、「通話設定」をタップ。設定項目から「着信拒否設定」をタップする。

 

2・着信拒否機能をオンにする

「着信拒否」をオンにすると、連絡先登録外、公衆電話、番号非通知からの着信が一括で拒否される。必要に応じて特定の条件をオフにすることも可能だ。

 

3・キャリアのサービスを利用する

各キャリアでは特定の番号を指定して着信拒否できるサービスを提供している。ドコモの場合は、通話設定の「ネットワークサービス」→「迷惑電話ストップサービス」から無料で使える。

 

4・「迷惑電話ストップサービス」の設定

「迷惑電話ストップサービス」の設定画面では、「着信番号拒否登録」と「番号指定拒否登録」で設定できる。

 

5・アプリを使って着信拒否

キャリアのサービス以外では、「通話ブロッカー」というアプリでも指定番号の着信拒否ができる。ブラックリストに拒否したい電話番号を登録すればよい。

 

他のキャリアのサービス

auでは「迷惑電話撃退サービス」(月100円)、ソフトバンクでは「ナンバーブロック」(月額100円)というサービスを提供している。